シナリオ:美濃の蝮

1542年8月 美濃の蝮

美濃の蝮.jpg

シナリオ概説

斎藤道三の国盗りの直後を描くシナリオ。
また、東北は天文の乱で真っ二つに割れている。連合は組まれていない。

  • 松平家は人材豊富だが今川家に従属しており、城も岡崎ひとつしかない。数年たつとイベントで今川家に吸収されるが、その前に織田家に滅ぼされる事もあり、どちらが松平を取るかによって情勢はかなり変わる。
  • 本作では長尾為景の没年がこれまでより遅い1543年に設定されているため、まだ隠居として健在なので注意。ただし長尾家でプレイする場合は冒頭のイベントで一足早く没する。(代わりに景虎が登場)
  • 武田家と諏訪家、長尾家と上田長尾家の婚姻同盟が破棄されるイベントは他家では発生しない。そのため、武田家が引き篭もりっぱなしという事も。

開始直後に発生するイベント

  • 織田家:戦国伝(大)「美濃侵攻」。
  • 武田家:戦国伝(大)「諏訪侵攻」。
  • 長尾家:戦国伝(大)「為景の死」。
  • 毛利家:戦国伝(大)「月山富田城の戦い」。

プレイ勢力別解説


長尾家

大名録「為景の死」は、景虎と黒田隊が接触すれば即終了する。
「景虎立つ」は「家中統一」の内容も含んでおり、これをクリアすると次は「義戦」が始まる。
なお、途中のイベントで越後上杉家が吸収される。

このシナリオで義戦が始まった場合、S1とはやや状況が異なってくる。
  • 椎名家が吸収されない
  • 山内上杉家の憲政以外の家臣は、長野家臣として箕輪城所属になる
  • 箕輪以外の山内上杉・村上の旧領は、信濃は武田領に、上野は北条領になる

そして最大のポイントは長尾家と長野家に同盟関係が存在しない事。
しかも真田一族も武田家ではなく長野家におり、これを吸収すればその後の北条征伐が一気に楽になる。
というか、関東に進軍する為には倒さざるを得ない。義とは一体…とか気にしてはいけない。

  • PKDL1(軍神、降臨す)では既に長野家と同盟済な上、真田幸隆も武田所属になっている

もちろん対北条戦を見据えての、武田との同盟工作は忘れずに。

  • 最終更新:2015-01-14 18:25:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード