内政

開発

区画適性と内政値

建設・拡張・変更の画面で表示される区画適性には表示されていない内部値が設定されており、以下のような対応となっている。

S:13~20 
A:10~12
B:7~9  
C:6
D:5  
E:4 
F:3

各区画の内政値は、(区画ごとの基礎値)×(適性の内部値)という計算式から求められる。
例えば、適性D、内政値600の区画は、基礎値120×適性の内部値5=内政値600という具合になる。
この区画に適性段階上昇3の施設(三斎市など)を建てると、適性の内部値は8になり、内政値は120×8=960まで上昇することになる。
施設の項目における適性の上昇値はこの内部値での上昇値を示した。

PK仕様

・基本の建設施設の他に『資源』を利用した特殊施設の建設が導入された。
・資源はマップ生成時にランダムに設定され、巡視により発見される。
・資源の数・内容もランダムで、0~5と資源がない場合もある。
・ある程度出やすい資源はあるが、マップ生成ごとに変わるため、確実性はない。(温泉・木材・鉄・馬など)
・PKで新たに施設が追加された。※大庭園・宿場・製材所・採掘場・漁村
・資源は城郭の強化設備に必要。(城郭が設置できるのは本城のみ)

資源と建設許可施設

・特産……農業(特産市・機織所)・商業(六斎市・交易所)
・名所……商業(宿場)・兵舎(大庭園)
・水源……農業(貯水池)・商業(米会所)
・鉄 ……商業(鉄砲鍛冶)・兵舎(刀蔵)
・馬 ……兵舎(厩舎・牧場)
・木材……農業(製材所)
・海産……農業(漁村)※『港』該当拠点のみ
・鉱脈……商業(採掘場)※『金山・銀山』該当拠点のみ
・温泉……兵舎(温泉地)

PK追加施設

・宿場 ……区画をより商業に適した土地にする。人口が大幅に増加しやすくなる。
・製材所……区画をより農業に適した土地にする。建設・改修・拡張・変更期間が短くなる。
・採掘場……隣接区画を兵舎に適した土地にする。鉱山からの収入が増加。
・大庭園……隣接区画を兵舎に適した土地にする。民忠をより回復しやすくなる。
・漁村 ……隣接区画までを農業と商業と兵舎に適した土地にする。

無印仕様

農業区画

入会地
灌漑水路 庄屋 農産市 狩場
貯水池 果樹園 馬借 特産市 機織所 本山

※適性の上昇値は各区画に基本施設が立っている状態からのもの。
名称 適正の上昇値
(隣接区画)
その他効果・備考
いりあいち
入会地
× 開発で石高が上昇しやすくなる
(建て替え後も効果は持続する)
かんがいすいろ
灌漑水路
3 農業国のみ
ちょすいち
貯水池
6 凶作の被害を軽減する
農業国のみ
かじゅえん
果樹園
5(1) 隣接する農業・商業区画の適正も上昇
農業国のみ
しょうや
庄屋
2(1) 隣接する農業区画の適正も上昇
商業国のみ
ばしゃく
馬借
4(1) 隣接する農業・兵舎区画の適正も上昇
商業国のみ
のうさんいち
農産市
× 区画から金銭収入
とくさんいち
特産市
× 区画から金銭収入
人口が増加しやすくなる
はたおりじょ
機織所
×(2) 区画から金銭収入
隣接する商業区画の適正が上昇
てら
2 創造性-10
ほんざん
本山
4 創造性-30
かりば
狩場
× 所属部隊の攻撃力上昇


商業区画

三斎市 鍛冶場 米問屋 茶室
六斎市 替銭屋 交易所 工房 鉄砲鍛冶 米会所 黄金茶室

※適性の上昇値は各区画に基本施設が立っている状態からのもの。
名称 適正の上昇値
(隣接区画)
その他効果・備考
いち
× 開発で商業が上昇しやすくなる
(建て替え後も効果は持続する)
さんさいいち
三斎市
3  
かえせんや
替銭屋
5(1) 隣接する商業・農業区画の適正も上昇
ろくさいいち
六斎市
6 商業国のみ
こうえきじょ
交易所
5(1) 隣接する商業・兵舎区画の適正も上昇
商業国のみ
かじば
鍛冶場
2 所属部隊の強攻の威力上昇
こうぼう
工房
4 所属部隊の強攻の威力がより上昇
てっぽうかじ
鉄砲鍛冶
4 鉄砲が安く買えるようになる
鉄砲産地のみ
こめどんや
米問屋
× 人口が増加しやすくなる
兵糧が安く買えるようになる
農業国のみ
こめかいしょ
米会所
× 人口がより増加しやすくなる
兵糧がより安く買えるようになる
農業国のみ
ちゃしつ
茶室
2 創造性+5
おうごんちゃしつ
黄金茶室
4 創造性+15


兵舎区画

工匠館
練兵場 演舞場 厩舎 庭園 神社 教会 湯治場
刀蔵 能楽堂 牧場 八幡宮 大聖堂

※適性の上昇値は各区画に基本施設が立っている状態からのもの。
名称 適正の上昇値
(隣接区画)
その他効果・備考
こうしょうかん
工匠館
× 開発で兵舎が上昇しやすくなる
(建て替え後も効果は持続する)
れんぺいじょう
練兵場
2  
かたなぐら
刀蔵
5  
えんぶじょう
演舞場
× 区画から金銭収入
人口が増加しやすくなる
のうがくどう
能楽堂
× 区画から金銭収入
人口がより増加しやすくなる
きゅうしゃ
厩舎
× 軍馬が安く買えるようになる
馬産地のみ
ぼくじょう
牧場
3 軍馬がより安く買えるようになる
馬産地のみ
ていえん
庭園
×(2) 隣接する兵舎区画の適正のみ上昇
民忠の回復量+1
じんじゃ
神社
× 最大民忠が増加
所属部隊による包囲が効果的になる
はちまんぐう
八幡宮
× 最大民忠が大きく増加
所属部隊による包囲がより効果的になる
きょうかい
教会
2 創造性+10
だいせいどう
大聖堂
4 創造性+30
とうじば
湯治場
5 兵数の回復速度上昇
温泉地のみ

適正別、国一覧


農業・商業のみ
農業 陸中・岩代・上総・上野・武蔵・能登・加賀・遠江・三河・美濃・志摩・丹後・丹波・美作・備前・備中・備後・安芸・但馬・伯耆・出雲・東土佐・筑後・南肥後・大隈
商業 蝦夷・西陸奥・羽後・下総・安房・越中・越前・若狭・尾張・山城・摂津・河内・大和・周防・長門・石見・讃岐・阿波・西土佐・豊前・筑前・日向・甲斐(新府城)

特別な適正 農業国 商業国
馬産地 東陸奥・磐城・北信濃・北越後・南越後・伊賀 南信濃・駿河・伊勢
鉄砲産地 南近江・紀伊・肥前 北近江・和泉
温泉地 北羽前・南羽前・常陸・下野・伊豆・飛騨・因幡・伊予・北肥後 相模・播磨
馬産地
・温泉地
なし 甲斐(躑躅ヶ崎館)
鉄砲産地
・温泉地
薩摩 陸前・豊後

CPUの建設傾向

そもそも隣接区画に影響を与える施設をあまり活用しないため、発展に乏しく、区画が10まで達していたとしても、農・商・兵の三種の合計が5000程度しかない事もままある。
また、CPU判断で「拡張」をする場合、何より「兵舎」が最優先され、「兵舎」が開発できない程に石高が足りない時は「農業」、そして最後の最後に「商業」というパターンが非常に多い。
特によく見かけるのは、農業4商業2兵舎4、である。

・区画の建設傾向

農業系:
部隊攻撃力を上げる為か、「狩場」が圧倒的に多い。この場合、四区画あっても石高は2000程度である。
保守系大名の場合は次いで「本山」も愛用。こちらは石高そのものはそこそこ高い。が、拠点制圧後に目を疑う程に創造性が低下している事も多い。「創造」「中道」の場合は潰してしまおう。

商業系:
その国の適性によって少々異なるが、鉄産地国ならば驚く程の数の「鉄砲鍛冶」が建てられている事も。そのままありがたく活用しよう。
人口希薄地でかつ農業国の場合は「米会所」が多い。それ自体は問題ないのだが、CPUは基本的に再開発を行わない為、人口が50000を超えてもなお、商業限界値の低い「米会所」が残り続けてしまう。区画が10に達したならば、他の施設に建て替えた方がいいだろう。
商業国で鉄産地でもない場合は、大抵、「強行」効果の上がる「工房」がほとんどである。商業値はそこそこ高くなるので、再開発は後回しでも問題ない。

兵舎系:
温泉地の場合は勿論「湯治場」が最多。保守系大名が馬産地を支配している場合は「牧場」も非常に多い。創造系大名の場合は「大聖堂」で創造性アップを図っている事も。これらは区画の適正上昇効果を持っている為、開発度は割と高い。無論、保守大名の場合は「大聖堂」は即座に潰してしまおう。
人口希薄地の場合は、「能楽堂」を好む傾向がある。金銭収入もあるのでそれ自体は良いのだが、CPUは隣りに「馬借」をおいて適正を高める、なんてことはしないのが難点。適正も上昇しないので、人口が集まった後は、プレイヤー自ら再開発しよう。
人口がそれなりに多い地域の場合は、包囲効果の上がる「八幡宮」を建てる事も多い。最大民忠が上がるのはいいが兵舎適正そのものは上がらない為、政策で最大民忠が充分に確保されているのなら、潰してしまおう。


政策

  • 無印版では政策を実施するためには本城を2つ以上支配することが条件であったが、PKでは本城数に関係なく領内の総人口が1万人以上いれば実施できるように変更された。
  • 無印版と同じ政策でも実施条件や効果が変更されているものがある
  • 実施に要する費用は無印版では固定だったが、PKでは領内の人口によって変動する。ここでは基本値を掲載した。
  • 大名が特性「創造」を持つ場合は創造性に関係なく全ての政策を実施可能。(独自政策を除く)

創造系政策

政策 費用/月 利点/欠点 備考
最大民忠
創造性
兵農分離 2500 最大常備兵+100%
石高の制限を超えて兵舎が開発できる
最大領民兵-30%
前提「検地・刀狩令」
無印では民忠+20
+10
900~1000
楽市楽座 1500 金銭収入+50%
南蛮商人が頻繁に訪れるようになる
堺の商人が訪れにくくなる
 
+10
850~1000
検地・刀狩令 1000 実施月数に応じて次回の収穫が増加
(収穫+(実施月数*3)%)
民忠低下時に一揆が発生しにくくなる
支配下の国人衆最大兵数-30%
 
-5
800~1000
関所撤廃 1000 人口+20/月
取引で商品が安く買えるようになる
金銭収入-20%
 
+5
750~1000
鉄砲隊強化 1000 鉄砲配備時の攻撃力上昇
鉄砲未配備時の攻撃力低下
 
---
750~1000
南蛮保護 1000 支配下の港からの金銭収入+100%
南蛮商人が頻繁に訪れるようになる
主義が「保守」の武将の忠誠が低下
 
+10
700~1000
能力主義 500 能力が高い武将(四能力の内一つでも60以上)の忠誠+3
命令実行時に経験値を多く獲得
能力が低い武将(四能力の全てが60未満)の忠誠-3
 
---
700~1000
小荷駄隊配備 500 兵糧の消費-30%で補給ができる(「補給」時のみ有効で「出陣」時は無効)
設営した要所で戦う時の効果上昇
労力-20%
兵糧補給の効果は「夫役強化」と重複可能
---
700~1000

中道系政策

政策 費用/月 利点/欠点 備考
最大民忠
創造性
方面軍組織 500 軍団長の軍略が強化される
直轄軍団の統治範囲が少し縮小される
PKで追加
創造~中道の範囲で実施できる
---
450~1000
撰銭令 500 取引で商品が安く買えるようになる
懐柔の効果が上昇
外交収入-20%
 
+5
300~699
指出検地 1000 実施月数に応じて次回の収穫が増加
(収穫+(実施月数*2)%)
最大領民兵+10%
すべての武将の忠誠がやや低下する
 
-5
350~650
家臣集住 1500 本城最大常備兵+100%
開発で兵舎が上昇しやすくなる
支城最大常備兵-50%
 
---
450~550
四公六民 1500 開発で商業と石高が上昇しやすくなる
金銭収入-20%
実施月数に応じて次回の収穫が減少
(収穫-(実施月数*2)%)
 
+10
450~550
目安箱 500 人口+10/月
民忠回復量が増加
民忠低下時に一揆が発生しやすくなる
 
+10
300~699
旧領安堵 500 捕縛した武将が登用しやすくなる
密談の効果が上昇する
主義が創造の武将の忠誠が低下する
PKで追加
中道~保守の範囲で実施できるが「所領安堵」とは重複できない
---
201~650
合従策 500 連合に参加すると、他の参加勢力との信用が自動で増加しやすくなる
連合に参加していない勢力の信用が毎月自動で減少する
PKで追加
中道~保守の範囲で実施できる
---
101~699

保守系政策

政策 費用/月 利点/欠点 備考
最大民忠
創造性
灌漑整備 500 実施月数に応じて次回の収穫が増加
(収穫+(実施月数*1)%)
開発で石高が上昇しやすくなる
金銭収入-10%
 
+5
0~299
騎馬隊強化 1000 軍馬配備時の攻撃力上昇

軍馬未配備時の攻撃力低下
 
---
0~299
合議制 500 支配下の国人衆の最大兵数+50%
懐柔の効果が上昇
主義が創造と中道の武将の忠誠が低下
 
+5
0~299
御用商人 500 堺の商人が頻繁に来訪するようになる
港収入+50%
外交収入+30%
取引で商品が高くなる
 
---
0~250
寺社保護 1000 民忠回復量が増加
労力+30%
南蛮商人が訪れにくくなる
主義が「創造」の武将の忠誠が低下
 
+10
0~250
所領安堵 1000 全武将の忠誠上昇
人口+20/月
支配拠点が減ると全武将の忠誠低下
 
+10
0~200
寄親・寄子制 1500 支城最大常備兵+60%
本城最大常備兵-50%
 
---
0~150
兵役強化 2500 領民兵+20%
労力-50%
無印版では民忠-10
-5
0~100

共通政策

政策 費用/月 利点/欠点 備考
最大民忠
創造性
遠交近攻策 2000 全国の大名家への外交が可能になる
遠方の大名家への工作効果が上昇する
近隣の大名家への工作効果が低下する
 
---
0~1000
伝馬制 1000 外交収入+50%
工作効果が上昇する
開発で商業が上昇しやすくなる
開発で石高が上昇しにくくなる
 
+5
0~1000
夫役強化 500 労力+50%
兵糧の消費-30%で補給ができる(「補給」時のみ有効で「出陣」時は無効)
最大常備兵-10%
無印版では中道専用(350~650)で民忠-5
兵糧補給の効果は「小荷駄隊配備」と重複可能
---
0~1000
武家直奏 500 朝廷への工作効果が上昇する
大名家への工作効果が少し低下する
PKで追加
---
0~1000
大名親政 1000 直轄軍団の統治範囲が拡大される
軍団長の軍略が大幅に弱まる
PKで追加
---
0~1000
軍役衆配備 1500 常備兵が増加する
金銭収入が大幅に減少する
PKで追加
どの創造性でも実施できるが「兵農分離」と重複できない
---
0~899
惣無事令 --- 政策実施でゲームクリア
条件(二条城を支配・本城30以上・最大勢力)
 
---
0~1000

独自政策

※特定の勢力のみが実施できる政策
※独自政策の費用は金500/月(基本値。人口で変動。)。全て創造性に関係なく実行可能だが、前提政策が維持できなくなれば同時にその政策も打ち切られる。

政策 最大
民忠
利点/欠点 備考
竜騎兵配備 --- 騎馬・鉄砲を同時に配備したときに
攻撃力が大きく上昇する
騎馬・鉄砲を同時に配備していない
ときに攻撃力がやや低下する
伊達家
五箇条の訓令 +5 最大領民兵+10%
人口+10/月
開発で兵舎が上昇しにくくなる(兵舎上昇-30%)
北条家
前提「四公六民」
人掃令 +5 最大常備兵+30%
工作効果が上昇する
支配下の国人衆最大兵数-20%
羽柴家
前提「検地・刀狩令」
甲州法度次第 +10 全ての家臣の忠誠+2
最大領民兵+10%
騎馬配備時の攻撃力上昇
開発で商業が上昇しにくくなる(商業上昇-15%)
武田家
表裏軍略 --- 工作効果が上昇する
設営した要所で戦うときの効果が上昇
外交収入-50%
真田家
遠征軍支援 --- 部隊の行軍速度が常に低下しなくなる
補給と焼討の腰兵糧獲得効率が上昇
労力-20%
上杉家
(長尾家)
今川仮名目録 +10 支城最大常備兵+30%
主義が中道・保守の家臣の忠誠+2
主義が創造の家臣の忠誠-2
今川家
旗本先手役 --- 本城最大常備兵+50%
主義が中道の家臣の忠誠+3
最大領民兵-10%
徳川家
前提「家臣集住」
火器集中運用 --- 設営した要所で戦うときの効果が上昇
鉄砲配備時の攻撃力上昇
取引で商品が高くなる
織田家
前提「鉄砲隊強化」
王法為本 +5 最大領民兵+10%
鉄砲配備時の攻撃力上昇
主義が創造の家臣の忠誠-3
本願寺家
前提「寺社保護」
遊撃兵配備 --- 鉄砲配備時の攻撃力上昇
最大領民兵+10%
鉄砲未配備時の攻撃力低下
鈴木家
傘連判状 +5 最大領民兵+10%
支配下の国人衆の最大兵数+30%
労力-20%
毛利家
一領具足 --- 最大領民兵+50%
最大常備兵-80%
開発で石高・商業が上昇しにくくなる(石高・商業上昇-20%)
長宗我部家
切支丹保護 +5 人口増加+10/月
主義が創造の家臣の忠誠+3
主義が保守の武将の忠誠-3
大友家
前提「南蛮保護」
郷中教育 --- 騎馬・鉄砲配備時の攻撃力上昇
命令実行時に経験値を多く獲得
開発で石高・商業が上昇しにくくなる(石高・商業上昇-10%)
島津家(S6では島津宗家)
九箇条掟書 --- 実施月数に応じて収穫が増加する
領民兵が増加する
命令実行時の獲得経験値が減少する
PKで追加
石田家
理世安民 +5 民忠が回復しやすくなる
懐柔と朝廷への工作効果が上昇する
民忠低下時に一揆が発生しやすくなる
PKで追加
三好家、細川(晴元)家
佐竹流砲術 --- 鉄砲を配備すると攻撃力が上昇する
常備兵が増加する
動員できる労力が減少する
PKで追加
佐竹家
内治外謀 +5 開発速度が上昇し港の収入が増加する
密談の効果が上昇する
補給で消費する兵糧が少し増加する
PKで追加
最上家
大名専政 -10 常備兵が増加する
直轄軍団の統治範囲が拡大される
拠点数が減ると武将の忠誠が低下する
民忠低下時に一揆が発生しやすくなる
PKで追加
龍造寺家


  • 最終更新:2014-09-11 18:29:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード