調略

コマンド

懐柔

国人衆を懐柔し、勢力の支持率を上げる。一回につき金500。
この時に知略順でソートされるが支持率の上昇には誰を選んでも影響がない。知略が意味を成すのは他の勢力が同じ国人衆に対して懐柔を仕掛けていた時だけである。

他勢力の懐柔が重なり、更にこちら側が不調な時は、追加資金の投入を求められることがある。これに応じればまず失敗することはないが、1500金前後が必要なこともあるので序盤は特に注意。

他の勢力が懐柔を仕掛けてこない所ならば別に誰を送ってもよいので仕事のない低能力な武将に任せるのも手。

取込

国人衆の支持率が100%かつ国人衆所属国の本城を支配している時のみ可能。一回につき金1000。
国人衆を取り込むことにより、庄をなくし、所属国本城の人口に加える(加わる人口は国人衆兵数の3倍、政策による補正は無視)。
また、国人衆の頭領として史実武将が設定されている場合、取込時に配下に加えることができる。

東北などの面積に対して本城が少ない地域では多くの国人衆が1つの国に所属することになるため、
もともとの人口が少ない本城でも取込を行うことでそれなりに人口を増やすことができる。

国人衆取込のタイミング


国人衆の取込は人口を一気に増やすための唯一の手段である。
人口が増えれば領民兵が増えるし、労力が増えるかもしれないし、拡張さえもできるかもしれない。一刻も早く取り込みたくなるが、ちょっと待ってほしい。
別記の通り国人衆は毎年兵数、すなわち取込時の人口が増える。取込は後に回せば回すほど人口を多く増やすことができるのだ。
また、取り込まないでおけば援軍はもちろんのこと、特能による恩恵も受けることができる。
種類によっては最後まで残すという選択肢も十分あり得るのだ。

上記のように、国人衆を取り込むことで失うものもある。重要なのは必要なタイミングで取込を行うことである。
取込の最大のメリットは人口を一気に増やすことで拡張が行えるようになることであろう。
すなわち取込において考慮するべきは、今拡張が必要かどうかである。

すでに対象本城をほとんど開発しきっている、こんなときは拡張を行うべきだ。逆に、まだまだ開発の余地があるなら
取込を行うのは待った方がいい。拡張を行ったところで開発が加速するわけではないからだ。
一度に複数の国人衆を取り込むのも同様の理由から考えものである。拡張した区画を開発してから取り込めば、
より人口が増やせるかもしれないのだから。

ただし、序盤を重視する場合は違ってくる。
序盤の兵力、労力はとても重要で序盤の戦闘は1、2箇所の場合が多い。
一戦闘につき一国人衆なので得能にもよるが国人衆が多くあってもあまり意味が無い。
こういう場合は得能にもよるが1つ2つ残してあとは取り込んでしまうのも良い。

いずれにしろ国人衆はよくよく考えてから取り込むようにしよう。


国人衆知識


援軍に来るのは支持率が70%以上の時のみ。また、援軍に来るのは所在国の隣国まで(得能:傭兵・水軍・暗躍は除く)。なお、所在国及び隣国ならば、「暗躍」は勿論「水軍」も、他の国人衆同様野戦等も参戦してくれるし、「水軍」以外の国人衆も海戦に参戦してくれる。
実は国人衆は成長する。1度目の1月を除いて、毎年1月に兵数が100増える。最大兵数は5000。

特能

支持率が100%の時、以下のボーナスあり。該当国人衆が増えると、効果は更に上昇する。傾向としては米納・銭納・軍馬・義勇はかなり多く配置され易い。

米納

毎年6月に兵糧上納。該当国人衆一つにつき、兵糧1000。戦闘が苦手で、上納品もイマイチ。中盤以降は積極的に取り込んでしまっても問題ない。
因みに「収穫1000」は「政策」による影響が全く無い場合、「石高200」に相当する。

銭納

毎年9月に軍資金上納。該当国人衆一つにつき、金1000。同じく弱い。やはり「取込」候補。
因みに「年に金1000」は月計算だと「金83」。同じく政策ナシの場合、「商業205」に相当。

軍馬

毎年3月に軍馬上納。該当国人衆一つにつき、軍馬600頭(序盤だと、金1800相当の価値)。領国に牧場が充実してきたならば、本城の人口を見て取り込みを考え始めよう。

鉄砲

毎年12月に鉄砲上納。該当国人衆一つにつき、鉄砲600丁(序盤だと、金2400相当の価値)。同じく、鉄砲鍛冶の増加に伴い、存続の価値は下がる。

義勇

義勇兵募集。自勢力拠点の兵数増加速度が上昇。施設で代替できる能力ではないため、積極的に取り込むべきではないかも。

陣立

普請にかかる期間の短縮。街道整備の場合、厳密ではないが、一つにつき1日程度短縮される。

剣豪

剣術指南。自勢力武将の獲得武勇経験値上昇。長期的にはかなりの影響がある。自軍の武将が、武勇だけカンストしてることもままあり。
史実頭領は全体的に弱い(特に知略)ので、参戦してくれても数合わせ程度。取り込んで副将にするのも有効。

傭兵

陸上戦闘ならば何処でも、戦闘が得意な援軍部隊を派遣してくれる。雑賀衆の十ヶ郷・中郷・宮郷は必ず登場。ただ、連戦で兵力が回復していなくても、高い優先順位で参戦してくる為、有難迷惑な事も。

水軍

海上戦闘ならば何処でも、海戦が得意な船団を派遣してくれる。本作は特に瀬戸内海近辺での海戦の機会が多い為、是非とも力を借りたい所だが…
登場するのは箱館衆(蝦夷)・持舟衆(駿河)・志摩衆(志摩)・塩飽衆(讃岐)・淡路衆(阿波)・坊津衆(薩摩)の六つのみ。なんと西瀬戸内海には水軍がいない。生憎と村上水軍はNPC大名である。

暗躍

包囲中の敵拠点ならば何処でも、攻城が得意な部隊を派遣してくれる。序盤は勿論、終盤でも非常に有用。汎用頭領に負けず劣らず史実頭領も優秀なので、城攻めに際して邪魔になることはまずない。


汎用頭領の能力
特能 統率 武勇 知略
米納 45 60 70
銭納 70 45 60
軍馬 80 70 50
鉄砲 70 70 60
義勇 60 70 45
陣立 75 55 70
剣豪 75 80 30
傭兵 85 85 55
水軍 75 75 50
暗躍 70 70 85
政治は一律25。全体的に、史実武将の頭領より強いのだが…

頭領が史実武将

  • 頭領が2人のところは年代・シナリオによって入れ替わる
    また、生年没年によって汎用頭領に置き換わっていることもある。
国人衆 特能 頭領 統率 武勇 知略 政治
和賀衆 陸中 義勇 和賀義勝 59 59 44 62
黒川衆 陸前 義勇 黒川晴氏 75 75 65 52
小峰衆 磐城 米納 小峰義親 54 50 65 51
本堂衆 羽後 軍馬 本堂忠親 40 40 57 48
林崎衆 北羽前 剣豪 林崎甚助 57 71 34 10
愛洲衆 常陸 剣豪 愛洲宗通 58 72 8 14
小野衆 安房 剣豪 御子神典膳 31 74 6 7
山上衆 上野 剣豪 山上道及 71 77 49 29
風魔衆 相模 暗躍 風魔小太郎 40 82 88 23
富戸衆 伊豆 剣豪 伊東景久 67 77 41 13
穴山衆 甲斐 軍馬 穴山信友 64 52 60 73
穴山信君 56 55 54 70
小山田衆 甲斐 軍馬 小山田信有 64 75 72 60
小山田信茂 69 73 59 43
戸隠衆 北信濃 暗躍 出浦盛清 69 70 80 53
揚北衆 北越後 米納 本庄繁長 84 83 68 36
富田衆 越前 剣豪 富田景政 54 78 25 24
持舟衆 駿河 水軍 向井正綱 73 67 60 28
井伊谷衆 遠江 軍馬 井伊直盛 54 61 65 42
井伊直虎 71 34 72 73
川並衆 尾張 米納 前野長康 63 68 61 35
徳山衆 美濃 米納 徳山則秀 41 54 46 58
朽木谷衆 北近江 米納 朽木元綱 42 53 66 66
志摩衆 志摩 水軍 九鬼嘉隆 76 70 59 48
伊賀衆 伊賀 暗躍 百地三太夫 53 83 88 27
柳生衆 伊賀 剣豪 柳生石舟斎 59 81 41 32
越智衆 大和 義勇 越智家増 54 71 33 34
十ヶ郷衆 紀伊 傭兵 土橋重治 58 52 47 55
中郷衆 紀伊 傭兵 佐武義昌 75 64 74 60
宮郷衆 紀伊 傭兵 太田定久 51 56 57 46
鳥栖衆 筑前 米納 筑紫惟門 48 53 58 40
菊池衆 北肥後 銭納 菊池義武 33 57 32 45
隈部衆 北肥後 義勇 隈部親永 40 42 61 45
丸目衆 南肥後 剣豪 丸目長恵 39 76 18 44
東郷衆 薩摩 剣豪 東郷重位 35 72 33 29
蒲生衆 大隅 義勇 蒲生範清 56 69 37 34

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-09-11 18:32:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード